« 肉離れ、って何だろう | トップページ | 新選組を記念する碑 »

2004/04/08

自衛隊は国民の命を守るのか

自衛隊がイラクに派遣されたときに、当然日本人が標的にされることになるだろう、とは思っていました。そしてかなりの確率で、派遣された隊員に犠牲者が出るのではないか、と思っていました。ところが、今回の事件。自衛隊そのものではなく、ある意味「絡め手」から攻めてきたようなものですが、しかしこれは日本国政府にとっては痛いところを突いて来た、と言えるのではないでしょうか?

今回の派遣の名目は「復興支援」となっていますが、そもそもの自衛隊の存在意義は(少なくとも形式的には)日本国民を守ることです。自衛隊がまるで米軍の配下であるかのように行動しているのも、それが日本の国益に合っているからだ、と言う説明があるからです。自衛隊が本来守るべき日本の領土を離れてわざわざ中東まで行って働いてるのは、ブッシュの御機嫌を損ねたくないから。本当に復興支援をしたいなら別に軍隊を送らなくてもいいのにそうしているのは、アメリカが要求してきたからです。

自衛隊の本来の仕事、すなわち日本国民を守ると言う建前を貫くなら、そのまま居座って人質の3人が殺害されるのを待つ、と言う選択はあり得ないはずです。となれば、進むか引くしかない。進む、すなわち3日以内に犯人を探し出して人質を救出することができないなら、要求に応じて撤退するしかないはずです。もしアメリカとの関係に拘って、あるいは「脅迫には屈しない」等とメンツに拘って3人を死なせることになったなら。その時には、結局自衛隊は国民を守ってくれないのだ、と判断せざるをえないのではないでしょうか?

|

« 肉離れ、って何だろう | トップページ | 新選組を記念する碑 »

コメント

 まったくもって困ったことになったもんですね。
民間人を人質にするというのはありがちな手ですが、思いつきでなく計算されているとすれば相手はかなり頭がいい。
 自衛隊を派遣する前の政府の危機想定のなかに今回のようなケースは含まれていたのだろうか。なんかスキを突かれたような気がします。
 さあ、どう対応するのがベストだろう? 大義名分が曖昧だからと、今回もその場しのぎの対応を取ると痛い目に合いそう。でも抜本的見直しをする時間もない。困りましたね。
あっと驚く名案を国民から募る?真面目に。

投稿: aranxp | 2004/04/09 02:37

なんと設定された期限が来る前に、人質が解放されると言う発表がありました。3人がイラクに敵対する人物ではないことが分かったこと、イスラム教指導者の忠告を受け入れた事などを理由にしていますが、それにしても彼らは本当に頭がよいと思います。逆に強硬姿勢を見せるのみで実質的なことは何もできなかった日本政府の無力さが浮き彫りになったような気がします。

投稿: せと☆ひでき | 2004/04/11 11:23

 少なくとも現時点で、日本政府はなにか実績を出したのか?という情報はないような。
 水面下ではいろいろあるのでしょうが。

 テレビニュースを見る限りは、アルジャジーラの一方的な開放するという情報だけで、それが本当に信頼できる筋なのかどうかもわからず、日本は相手の手玉に取られているという印象を受けます。
 「よかったラッキー」という結果論(その信頼性すら現時点ではかなり不透明なのに)で満足しかかっている日本政府と世論がなんとも情けない。
 
 いずれにせよ、今後このような騒ぎがいくらでも起こるだろうから、今回の問題とは別に、抜本的対策を考え施行しないといけないですね。それがまた難しい問題であることが本当に頭がイタイ。

投稿: aranxp | 2004/04/11 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/550720

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊は国民の命を守るのか:

» イラク日本人拘束 [aranxp]
 この件に関してネットを通して様々な意見を見ることが出来ます。2chはもとよりBlogでも様々な人が意見を述べている。 Blogでの意見を探すには、FeedBa... [続きを読む]

受信: 2004/04/09 04:08

» バベルの塔 [Passing Strangers]
 イラクで日本人の人質事件が発生した。今日はこのニュースを見ていて吐き気がしてき [続きを読む]

受信: 2004/04/09 05:06

« 肉離れ、って何だろう | トップページ | 新選組を記念する碑 »