« 桜の京都 | トップページ | 自衛隊は国民の命を守るのか »

2004/04/07

肉離れ、って何だろう

スポーツニュースを見ていると、良く「肉離れ」と言う言葉を聞きます。また私の同僚は職場のスポーツ大会で、突然「肉離れ」を起こしてしばらく歩けなくなりました。この肉離れとはいったい何なんだろう、と思ってちょっと調べてみました。

たいていの筋肉は、骨に付いて曲げたり伸ばしたり、と言う役に立ちます。つまり骨に付いているのが筋肉の普通の状態です。例えば鶏や牛の骨付き肉は加熱すれば骨から外れますが、生の状態ではがすのはそう簡単ではありません。その筋肉が骨から離れてしまうのだとすれば、それは痛そうだな、と想像できます。

でも実際に筋肉が骨からはがれてしまう、と言う症状はそういつもあることではなく、むしろ肉離れ=筋肉の挫傷、と考えるべきだそうです。挫傷。つまり筋肉の組織の断裂や筋膜が破れてしまった状態。筋肉痛も一種の挫傷ですから、その筋肉痛の酷いのが肉離れである、と言う事なのだそうです。

筋肉痛が起きるのはどう言う時かというと、普段使わない筋肉を急に使ったときやウォーミングアップが十分で無かったときです。つまり、筋肉が耐えれる以上の負荷をかけたとき。逆に言えば肉離れを起こさないようにするには、運動前に十分にストレッチをする、そして筋肉に無理をさせないことが肝要です。筋肉を鍛えるためにはある程度の負荷をかけて(少々筋肉痛が出るぐらい)やることが必要ですが、それも程度によるでしょう。スポーツ選手の場合でも素人の場合でも、練習前後のケアが何よりも重要だ、と言えそうです。

|

« 桜の京都 | トップページ | 自衛隊は国民の命を守るのか »

コメント

肉離れを防ぐためにはストレッチをしよう。
ストレッチをするなら「ストレッチマン」を見よう!
http://www.nhk.or.jp/sman/ja/frame.html
(ストレッチマン の乗りが良く笑える)。

投稿: aranxp | 2004/04/08 03:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/550719

この記事へのトラックバック一覧です: 肉離れ、って何だろう:

« 桜の京都 | トップページ | 自衛隊は国民の命を守るのか »