« そりゃないでしょ、柏村さん | トップページ | 陽はまた昇る »

2004/04/29

日本代表チェコ戦

昨日のチェコ戦は、A代表の試合としては久々に(下手するとジーコジャパンになって初めて)面白いゲームでした。何が一番違ったか、というとたぶんモティベーション。世界屈指の強豪相手に一泡吹かせてやるぞ、と言う気持ちが良く出ていました。そしてそれが特定の選手だけでなく、チーム全体から見えていたのが違っていたと思います。序盤にチェコの華麗なパス回しに押し込まれた時間帯と、終盤に力で攻めてきた時間帯は昔の日本代表の「懐かしい香り」がしましたが、それ以外はほぼ対等。日本の選手、特に「国内組」と言われる選手が世界レベルと比較しても遜色が無いことを示した、と言えるのではないでしょうか。W杯でベスト16入りして以降、世界との実力差が開くばかり?のように見えた日本代表でしたが、そんなことはない、やればできる、と言うことを自ら示したゲームだった、と言えるでしょう。

問題は、これをジーコ監督自身がどう見るか、と言うことだと思います。これまで「欧州組」に拘った采配を続けて批判されて来ましたが、このゲームは小野と稲本を先発させただけ。それが「国内組」との絶妙なバランスを生んで、この好結果につながったわけです。これがジーコ監督の意図したものかどうかはさておき(中田英らが出れないと言う、文字通り「怪我の功名」のように思いますが)、この結果から学ぶことなく元に戻ってしまっては困るのです。

ところで決勝ゴールを決めた久保ですが、昔から彼を見ているサンフレッチェのファンとサポーターにとっては特に意外なゴールでもないでしょう。かつて故・トムソン監督は久保を"Out of standard"(規格外)と評しましたが、それが国際的にも通用するものであることを、ようやく示してくれたと言うことです。昨日のゴールは左足からの強烈なシュートも凄かったのですが、それよりも凄かったのはそこに至るまでのプレーで、ロングパスに抜け出したスピード、ダイナミックな切り返し、そしてあの距離からゴールを狙う決断。どれを取っても久保にしか出来ないプレーであり、かつ昔から見せていたプレーです。これまではなかなかその姿を代表で見せることはなかったのですが、それが出来るようになったことは久保自身にとっても、また日本代表にとっても非常に大きいと思います。Jリーグでは横浜の選手であり、サンフレッチェにとっては強力なライバルの1人ですが、しかし日本のサッカーを応援する立場としては素直に喜びたい。そして今後もっと大きく成長して、できれば世界にはばたいて欲しいと思います。

|

« そりゃないでしょ、柏村さん | トップページ | 陽はまた昇る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/550733

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表チェコ戦:

« そりゃないでしょ、柏村さん | トップページ | 陽はまた昇る »