« ドナドナ | トップページ | RE: 別れの日 »

2004/03/18

別れの日

昨日から今日にかけて、私と私の家族にとっては転機となる日でした。先日も書いたように、15年間住んだ広島県を完全に引き払って京都に住むことになったからです。昨日は荷物の積み込み。今日は「新居」への搬入。精神的にも体力的にもかなり負担が大きかったのですが、何とか無事済みました。

私は親が転勤族だったので子どもの頃から引っ越しが多く、今回が人生で16軒目の住居になります。つまり3年に一度以上のペースで引っ越ししているわけですが、それで慣れたか、と言うとそうでもないような気がします。転居には必ず別れがある。特に今回は10年近く住んだ東広島市を離れる事になったおかげで、これまでにないほど多くの人との別れがありました。しかし昔の歌ではありませんが、「さよならは別れの言葉ではなく、再び会うための遠い約束」です。「遠く離れてしまえば愛は終わる」のだとすれば、本当の恋人や友人の関係では無かった、と言うことでしょう。試練を与えられる事によって鍛えられるのは、個人の力だけではなく、人と人との関係も同じだと思います。私にとっても、広島からの転出でサンフレッチェとの関係が終わるかどうかによって、私のクラブに対する愛情が試されている、のかも知れません。

|

« ドナドナ | トップページ | RE: 別れの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/550698

この記事へのトラックバック一覧です: 別れの日:

« ドナドナ | トップページ | RE: 別れの日 »