« 鳥インフルエンザなんてこわくない〜越南河内紀行(4) | トップページ | ちょっと忙しい »

2004/03/07

幸運の遺伝子

ベトナム話のネタはまだあるのですが、飽きた人もいるんじゃないかな、と思うのでちょっと寄り道。

昨日のアテネ五輪予選のUAE戦ですが、宇都宮徹壱さんの「運とフィジカルと精神力の強さがもたらした勝利」と言うのはまさにその通りだと思います。あれだけ決定的ピンチがありながら無失点で凌いだことや相手が怖い選手を交代してくれたことは運が良かったと言って間違いないし、そのおかげで勝利を手にすることができた、と本当に思います。

この「運」と言われるもの。あんまり重視しすぎるとオカルトになってしまうのですが、それにしても人生のあらゆる局面で運の良し悪しが出てきます。SF作家のラリイ・ニーヴンは代表作の一つ「リングワールド」の中で、人類の特質として「運の良さ」がある、と言う話を作っています。その幸運の情報は遺伝子(「ティーラ・ブラウンの遺伝子」と名付けられていた)に組み込まれていて、どこかに完璧に幸運な一族がいる、と言う話でした。確かに人類の、有機物のスープの中から生命が誕生し、単細胞生物から多細胞生物に進化し、知性を持って文明を作るに至ったと言うプロセスは、必然を越える偶然があったとしか思えないものがあります。ある個人が、民族が、国家が。あるいは人類全体が幸せになれるかどうかは、確かに「運」と言う名の何らかの偶然に支配されているような気がしないでもありません。

ただ、だからと言って幸運を期待して何もしないでも良いか、と言うとそんなことは無いでしょう。U-23代表が運を引き寄せて勝つことが出来たのは、単に座視して待っていたからではなく、それに向けて全力で準備して戦ったからです。運をつかむ前提として、「フィジカルと精神力の強さ」があったのです。「天は自ら扶ける者を扶く」と言いますが、努力があってこそ幸運が付いてくるものです。ティーラ・ブラウンの遺伝子が本当に存在するのかどうかは分かりませんが、少なくともそれは「努力する」と言う特質を持つ遺伝子とセットになって発現するのではないか、と言う気がします。

|

« 鳥インフルエンザなんてこわくない〜越南河内紀行(4) | トップページ | ちょっと忙しい »

コメント

 初めまして、すしと言います。
 運の遺伝子って考え方おもしろいですね。
 僕はカナダの大学で研究をしているんですけど、研究にもこの考え当てはまりますよね。
 研究においても努力も大事だけど、成功を導く運も必要であると思っています。だけど、本当に運の遺伝子があるのならまだしも(あったら自分に遺伝子導入します)、運と言うのは不確定だから結局は自分ですることが可能な努力をするしかないんですけどね。
 ああ、何を言いたいのか、よくわからない文章になり
すいません。

投稿: すし | 2004/03/08 05:47

うんまあ、そういう考えもわからんでもないですが、運とか、精神力とか、奇跡とか、超能力とか、選ばれた人とか、解脱者とか、いわゆるフィクションの言葉を現実に当てはめる事にはなんとなく抵抗があります。
マ、僕が恐れるのは、カルトや、そういう得体の知れないもので商売しようとする人たちの、精神的な温床になり得ないかということです。
机の上にお金を置いといて、取ってく人を待ち、泥棒を作り上げると言うのに似てるんじゃあないかと、、。
精神的に成熟した人ばかりではないこの世界ではこういうのはどうかとちょっと思ったわけで、、、ハイ。
最後に一言
「特別を作ると言う事は、同時に特別でない人を作ると言う事で、それ自体が差別を生む事の元になる精神構造をもってるんじゃあないかと思われ、、。人と物は表裏一体と見て、特別を作らない精神構造が平和を生む元になるのではと、、。」
ちょっと場違いだったかも。
お許しくだされ。

投稿: 雄三 | 2004/03/08 16:28

コメントに対する返事が遅くなって済みません。

すしさんが書かれたこと、私も良く分かります。研究をしていて新しい発見が出来るかどうかは、結局のところ運次第と言うところがあるのですが、しかしそれは十分な努力があってこそ。「天は自ら扶くる者を扶く」と言う言葉を、いつも噛みしめています。

雄三さんの書かれることも、気持ちは良く分かります。私も自然科学者のハシクレですから、理解できないことを超常的な事に押し込める、と言う傾向には常に反対の立場を取っています。この時の文章は、その考えを踏まえての上である、と言うことをご理解ください。

投稿: せと☆ひでき | 2004/03/20 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/550689

この記事へのトラックバック一覧です: 幸運の遺伝子:

« 鳥インフルエンザなんてこわくない〜越南河内紀行(4) | トップページ | ちょっと忙しい »