« 引率者の責任 | トップページ | 東大・京大神話再論 »

2004/03/24

IP電話

引っ越しを機会に、ネットワークをADSLにしました。広島では、ISDNとBフレッツ。光回線を引いておきながらISDNを残していたのには理由があって、電話とFAXの番号を分けていたから。つまりインターネットには光回線を使い、電話とFAXにはISDNを使っていたというゼイタクをしていたわけです。京都ではマンション住まいになってBフレッツを引くのは難しいので、アナログ回線に戻してADSLにした、と言う次第です。

光回線からADSLと言うのは回線の種類としては「ダウングレード」なのですが、今のところそれほど遅くなった、と言う実感無く使えています。前のBフレッツが遅すぎたのか、それとも今のADSLが意外に健闘しているのかは分かりませんが、少なくともネット環境については全く問題なく使えるようになりました。

ただ、問題はIP電話の方にありました。ADSLでIP電話を使いたいときは、VoIP機能が付いたADSLモデムを買えばよいらしい、と言うことは分かりました。普通は壁のコンセントにまずスプリッターを付けて電話とモデム(及びルータ)を分けていたのを、今度はモデムをコンセントに直結してモデムからルータと電話を分岐する事になるわけです。でも、アナログ回線を使うのは電話だけじゃなくて、スカパー等のデジタルテレビも使うんです。ISDNの時にはルータにちゃんとアナログ回線用のポートが3つぐらいあって、そこで複数のアナログ機器とパソコンを制御していたわけですが、ADSLモデム(あるいはルータ)にはそう言うのは無いらしい。少なくとも私が調べた範囲ではそうでした。

このへん、疑問に思ってショップでも聞いてみたのですが、例えばIP電話のポートに複数のアナログ回線を繋ぐという方法も、モデムの前にスプリッターをかませてテレビを繋ぐ方法のいずれもうまく行かないらしいのです。つまり、少なくともADSLの場合は、IP電話とデジタルテレビの共存は不可能だ、と言うことになります。これって、本当なのでしょうか?なんかせっかくの最新機器同士が共存できないと言うのは、おかしいんじゃないかと思うのですが。もし誰か解決方法(もちろん、アナログ回線をもう一つ、と言うのはなしね)を御存知の方は、教えて下さい。

|

« 引率者の責任 | トップページ | 東大・京大神話再論 »

コメント

せとさんこんにちわ。知らない間にこんな機能付いてたんですね。

ADSLの件、
http://bb.softbankbb.co.jp/support/tech/trouble_shoot/021.php
これで対処できるのではないでしょうか?ヤフーじゃなくても同じだと思います。

自分の家はアナログ電話回線の口を分岐してるだけで問題ないようです。ただ、ペイパービューを使わないのでここ1年は線は外しっ放しですが(^^;
繋ぎ方はこの絵とは変わる場合もあると思いますが、干渉する場合はスカパーのチューナーの回線にフィルターを付ければOKだと思います。

投稿: 3c | 2004/03/26 10:15

3cさん、情報ありがとうございます。

その後別のショップに聞きに行ったのですが、それによるとYahooと他のプロバイダは少々違うようです。何でも他のプロバイダの場合は、アナログ回線を分けてその一方につないだスカパーの前にセパレータを付ける(もちろんアナログ回線側)だけで良い、ということだそうです。

ただ、それよりも問題はADSLモデムだったりして。私のはNTTがタダでくれたやつなんですが、IP電話の機能が付いていません。なのでモデムを買い換えないといけないのですが、ショップではほとんど扱っていなくて直販で買うしかない。1万円以上をここで投資する価値があるか、と言うと...

投稿: せと☆ひでき | 2004/03/31 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/550705

この記事へのトラックバック一覧です: IP電話:

« 引率者の責任 | トップページ | 東大・京大神話再論 »