« 今月、ベトナムへ | トップページ | アドレスが変わります »

2004/02/03

みんな、言いたいことがある

何年か前に、ある大学の人(おそらく学生)から「webで日記を公開する理由を教えて下さい」と言うメールをもらったことがあります。たぶん、「Diary」と言うタイトルを見て個人の日記だと思ったのでしょう。その時私はそう言うホームページではないから、と断ったのですが、でも確かにそう言う目で見ていると、世の中には「日記」のホームページがたくさんあります。なぜ、個人的な事柄を公開するのか。実は私もその時、良く分からなかったのです。しかしその後いろいろ見聞きするうちに、なんとなく分かった気になりました。みんな、きっと何か発信したいんだな、と。

昔と今とで違うことで一番大きいのは、どこから情報が来るかと言う、その範囲だと思います。かつては自分が会える人、見聞きできる範囲しか情報源はなく、そこには自分も何か言える条件がありました。しかしその後「マスコミ」が発達するにつれてまずは国内の情報が行き渡るようになり、今や世界中の情報がリアルタイムで手に入るようになっています。分かること、は加速度的に増えていて、その範囲も大きく拡大している。しかしかつては受ける情報と与える情報が1対1の関係にあったのに、今や完全な「輸入超過」になっているわけです。それで人の精神がバランスを保てなくても不思議ではない、と思うのです。

今の日本で、社会に対して普通の個人が意見を表明するのは、そう簡単なことではありません。そして不満があったとしても、それを解決する術は(ほとんど)ありません。政治家がどんなに「改革」を唱えても実際には何も変わっていないし、選挙権を行使しても何も変化は無さそうです。でも、だから国民がみんな満足していると思ったら大間違い。その不満の一つの表現が、web上での日記の公開に繋がっていると考えるのは穿ちすぎでしょうか?

ウェブログが流行っているのは、みんな何か言いたいことがあるからなのだ、と思います。情報の洪水の中で、何か言わずにいられないから発信しているのだ、と思います。淡々とした日常の中で、自分が生きているという存在証明。それが、web上で日記が公開されている訳、なのかも知れません。

|

« 今月、ベトナムへ | トップページ | アドレスが変わります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/550665

この記事へのトラックバック一覧です: みんな、言いたいことがある:

» 僕らはみんな生きている [All About Football]
せと☆ひできさんの「みんな、言いたいことがある」より ウェブログが流行っているのは、みんな何か言いたいことがあるからなのだ、と思います。情報の洪水の中で、何か言... [続きを読む]

受信: 2004/02/04 00:27

« 今月、ベトナムへ | トップページ | アドレスが変わります »