« 喫煙に関する憂鬱 | トップページ | 公務員宿舎の値上げ »

2004/02/18

ほんとうの戦い

今の日本代表(U-23代表を含む)には燃えるものがない、と思っていたのです。監督への疑問、協会への疑問が多すぎて、クラブほどは愛せない、昔ほどは盛り上がらないと思っていたのです。でも、始まってみるとやはりワールドカップ予選は独特のもの。その雰囲気と緊張感は、やはり親善試合などとは全然違います。

最初の流れは最悪でした。ヨーロッパ組を呼び戻して「ベストチーム」を作ったはずが、全くのバラバラ。それぞれの個性が生きていない様子がテレビの画面からも一目瞭然でした。まあ、当然ですよね。だって合宿に参加していなかった選手が「飛び入り」してできたチームなんですから。その上国内組の選手たちは、これまで1ヶ月も拘束されて練習してきたのはなんだったの?と不満が出ても不思議ではありません。

でも、最後は「勝てないかもしれない」と言う危機感からか、やっとチームに一体感ができたような気がします。チーム全体が勝ちたいという気持ちを押し出して、前懸かりに攻めた。その結果が、ロスタイムの久保のゴールだったと言えるでしょう。そこに至るボールの流れはほんと、偶然としか言いようの無いものだったのですが、久保もよくぞあの場面で冷静に決めてくれました。

「ワールドカップで本当に厳しいのは予選である」とはジーコ監督も言っていた言葉ですが、このゲームはまさにその言葉通り。我々はこれから1年半に渡ってこの痺れる戦いを体験することになるわけで、今日のはほんの序の口です。これまでのような集中開催とは違う、長丁場のホーム&アウェイのワールドカップ予選。日本のサッカーの総合力が問われる戦いとなりそうです。

(このウェブログはサッカー以外の話題について書くという事にしていたのですが、さすがに今日は他にテーマを思いつきませんでした。)

|

« 喫煙に関する憂鬱 | トップページ | 公務員宿舎の値上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/550680

この記事へのトラックバック一覧です: ほんとうの戦い:

« 喫煙に関する憂鬱 | トップページ | 公務員宿舎の値上げ »