2020/02/20

紫熊倶楽部3月号

先日発売されたばかりの「紫熊倶楽部」3月号(Vol. 265)の表紙は「新旧7番」の野津田選手と茶島選手。そしてインタビュー記事もこの2人が取り上げられています。まず野津田選手は「苦悩。そして僕は、取り戻す」と言うタイトルで、プロ入り後初めてノーゴールに終わった2019年を振り返っています。シーズン終了後には「確かに、移籍を考えなくはなかった...広島に残ると決めた時には驚いた人も多かった」のだそうですが、「絶対にこの悔しさを今年に繋げたい。生かさないといけない。それしかない」と広島でのプレーを選択した野津田選手。「どんな時でも全力でやるのが当たり前、と言う広島の文化で育った」彼の、公式戦での活躍をぜひ見たい、と思います。一方、千葉での2年間の武者修行を終えて広島に戻ってきた茶島選手もまた、「僕は広島でプレーするべき選手」だと言う強い気持ちを持って復帰してきたとのこと。エスナイデル監督の下で学ぶことも多かったそうですが、それでも広島に戻ってくる決断に迷いは無かったとのこと。「とにかく試合に出て、チームに貢献したい」と熱い思いを語っています。
 この2つの記事に先立つトップ記事は、今季から伝統の背番号8と10を背負うことになった川辺選手と森島選手を、広島の「レジェンド」たちと比較しながら今シーズンに向けての期待を書いています。「サンフレッチェを支える人々」で取り上げられているのは、事業本部副本部長と営業部部長を兼ねる久保雅義氏。サンフレッチェ広島と言うクラブが培ってきた伝統を引き継ぎながら、どのように営業を進めていくかと言うビジョンを語っています。
 「READER'S AREA」を挟んで後ろのカラーページは、今年のキャンプのレポート。続いて林卓人選手とドウグラス・ヴィエイラ選手の現状と今季に向けての展望を書いています。「掛本智子のFACE TO FACE」で取り上げられているのは鮎川選手の「両親への感謝の想い」。今季の補強のまとめと宮崎キャンプ応援ツアーのレポート、今季の日程、福袋に当たったサポーターの特別な体験の記事が続きます。そして「SIGMA CALENDAR」と「紫熊短信」を挟んで、最後の「連載・サンフレッチェレディース/SPL∞ASHに懸けた青春」では永尾梨央さんを取り上げています。
 サンフレッチェオフィシャルマガジン「紫熊倶楽部」は税抜きで360円。ホームゲーム会場、V-POINT、広島市内大手書店、東京銀座の広島県のアンテナショップtau等で販売中です。また通販はe-VPOINTからどうぞ。

|

2020/02/19

城福監督のインタビュー記事

中日スポーツに城福監督の開幕直前インタビューが掲載されています。それにょると昨年の戦いについては「僕の中では2018年からつながっているという思いが大きくあります」と答えています。「最も称賛されない2位」だった2018年シーズンでACLの出場権を勝ち取り、初戦の広州恒大戦での敗戦でメディアからの強い批判を受けながらも若手中心で戦い、それによって大胆な世代交代ができたこと。それは「格差が広がったこの時代」にあって、「ここから先、このクラブらしさでタイトルを目指すということを考えたら、若返りを図ることしか僕の中では方法がなかった。だからこそ、リスクを承知でそこにトライした。その1年だった」と振り返りました。そして今季に向けては「積み上げてきたものを開幕から継続できる」と言うアドバンテージを生かして、プラスアルファを目指して行くとのこと。そしてその中でも選手たちを公平に見ながら、「やれている選手を使うと言う軸だけは外さないように」選手を起用して行く、と語っています。「今のサッカーの変化、そのトレンドを理解して、自分を変えていかないといけないところがあるのと、もうひとつは変わらないものがあるんですよ。その両面を持ち続けないと監督業はやれないなと思って」いる、と言う城福監督。監督自身が成長することも含めてチーム全体が成長できれば、成績は自ずからついてくるに違いありません。

|

2020/02/18

IPU環太平洋大学との練習試合

昨日IPU環太平洋大学との練習試合が45分×2+30分で行われ、9-0で勝ちました。メンバーは不明で、得点は1本目の10分に松本大、2本目の2分に浅野、12分に松本泰、14分に永井、32分に茶島、39分にエゼキエウ、3本目の22分に松本泰、26分に鮎川、3本目の30+2分に野津田でした。

|

2020/02/17

ルヴァン杯第1節横浜FC戦

昨日アウェイで行われたYBCルヴァンカップグループステージ第1節で、サンフレッチェは横浜FCに2-0で勝って幸先の良いスタートを切りました。
 先発メンバーは岡山との練習試合の1本目と同じで、以下の布陣で戦いました。
       大迫

   野上  荒木 佐々木

     青山  川辺

ハイネル           柏(→浅野79分)
(→藤井87分)
    ドグ    森島(→東70分)

      ペレイラ

SUB:林、井林、柴崎、永井
 対する横浜FCは、GK:六反、DF:マギーニョ、田代、小林、武田(→志知23分)、MF:瀬古、手塚、斎藤功、中山(→斉藤光66分)、松尾、FW:一美(→イバ76分)、と言うメンバーでした。立ち上がりはやや落ち着かない展開だったものの、5分頃からは広島がペースを握ります。そして6分にはハイネルがシュートしたもののDFがブロック。8分には大迫のフィードから森島がシュートを放ちましたがGKの好セーブに防がれます。また12分にはFKからレアンドロ・ペレイラがヘッドで狙いましたがGKにキャッチされます。逆に9分には斎藤功にフリーで打たれましたが、大迫が好反応で弾きます。一進一退の流れが続く中の前半24分、柏のスルーパスで左サイドの「ポケット」に抜け出した森島のクロスを逆サイドに上がっていたハイネルが折り返すと、中央に詰めていたドウグラス・ヴィエイラが頭で押し込んで広島が先制点を奪いました。
 その後は横浜にボールを持たれても前線には入れさせず、危なかったのは44分にマギーニョに突破されたシーンぐらい。広島はプレスをかけられても落ち着いて対応し、ゲームをコントロールします。そして前半アディショナルタイムにCKをドウグラス・ヴィエイラがヘッドで狙ったものの六反にぎりぎりで弾かれる、と言うシーンも作って、1点リードでハーフタイムを迎えました。
 広島は後半立ち上がりは再び高い位置からのプレスを敢行して追加点を狙いに行きます。そして後半1分、相手のDFラインでのパス回しを森島が狙ってボールを奪うと前線にスルーパス。走り込んだレアンドロ・ペレイラがGKの逆を突いてニアサイドに打ち込んで、リードを2点に広げました。
 その後は横浜が攻め込むシーンもあったものの広島守備陣がはね返し、連動したプレスで横浜に自由を与えません。また安定したパス回しで奪いどころを与えず、後半27分にはドウグラス・ヴィエイラのパスを受けた東がシュートしましたがブロック。38分には浅野が快足を飛ばして左サイドを抜け出して、クロスにレアンドロ・ペレイラが合わせましたが惜しくも枠を捉えることができません。最後はイバにシュートを許したものの枠を外れて、2点のリードを保ったままで試合をクローズしました。
 試合後に城福監督は「内容については、まずは失点ゼロで抑えられたこと」として「我々のチームにベースになっている」と言う守備の厳しさを貫くことができたことを評価しました。また攻撃面に関しては「ボールをつなぎながら崩すところ、ショートカウンターで点を取るところは昨年からずっとやってきているが、ある程度は形は見せられた」と語りました。これに対して横浜FCの下平監督は「目に見えない圧というか、単純にアプローチやプレッシャーのスピードが違うし、レベルが違うと感じました」と語り、J1相手に初めて戦った選手たちの経験不足を敗因に挙げました。試合全体としては、昨年から継続して積み上げてきた広島と、新戦力を加えて「J1仕様」のチームを作りつつある横浜FCの成熟度の違いが出た感じ。サンフのこのメンバーが揃っていれば、そう大崩れはしないのではないか、と思われる内容でした。ボール支配率の割にはシュートが少ないなどまだまだ課題はあるものの、まずは上々のスタートを切ることができた、と言えそうです。

ブログ速報  前半  後半
広島公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
ゲキサカ  戦評  森島が2発演出  藤井が途中出場デビュー
日刊スポーツ  スコア詳細  広島2発快勝
サッカーダイジェストWeb  採点&寸評  ルヴァン杯Cグループ  斉藤光毅の貪欲な向上心

|

2020/02/16

今日の横浜FC戦

中国新聞によると今日は「鹿島とのリーグ開幕戦をにらんでベストメンバーで臨む」とのこと。また特別指定選手の承認を受けたばかりの藤井がメンバー入りしたそうです。「新しい年のJリーグ第1節ではなく、昨年から続く第35節だと言う積み上げの意識」で戦うサンフレッチェが、昨年よりもレベルアップした姿を見せてくれるかどうか、注目したいと思います。
 今日の試合会場はニッパツ三ツ沢球技場で午後2時キックオフ。メインスタンド指定席以外の当日券は11時から販売予定だとのことです。テレビ放送はスカパー!ch580とCS800で生放送の予定で、今日はそれを見ながらブログでの速報を行います。スタジアムに行けない&スカパーを見れない方はぜひご覧下さい。

|

2020/02/15

横浜FC戦に向けて

明日はいよいよ今季初めての公式戦。サンフレッチェはYBCルヴァンカップグループステージ初戦を、アウェイで横浜FCと戦います。
 昨年の横浜FCは、序盤はなかなか調子が上がらず第13節の町田戦で引き分けると、2年目のタヴァレス監督を解任して下平コーチが監督に昇格。その後しばらくは一進一退が続いたものの、第20節の岡山戦から7連勝で4位に浮上しました。そしてその後も第36節まで18試合負けなしで勝点を積み上げ、最後は5連勝で2位に入ってJ1昇格を勝ち取っています。今季は一美や志知らJ2で実績を残した選手を補強して、13年ぶりのJ1に臨もうとしている横浜FC。下平監督の指導の下、ボールを握りながら試合を進めるスタイルで昇格を勝ち取ったと言うことで、まずは昨年同様の戦い方で挑んでくるのではないでしょうか。
 対するサンフレッチェですが、今季もリーグ戦とカップ戦の「ターンオーバー」で戦うことが予想されます。ただ明日はシーズン最初の試合でリーグ戦も1週間後だと言うことを考えると、岡山戦の1試合目のメンバーで戦う可能性が高そうです。
       大迫

   野上  荒木 佐々木

     青山  川辺

ハイネル           柏

    ドグ    森島

      ペレイラ

SUB:林、井林、柴崎、浅野、藤井、野津田、永井
 昨年は失点数はリーグ2位だったのに総得点が8位だったと言うことで、得点力アップに力を注いだ今年のキャンプの成果が出るかどうか。今年のサンフレッチェの戦いに、期待したいと思います。

|

2020/02/14

第18回サポーターズ・カンファレンス議事録

サンフレッチェは昨日、1/25に行われた「第18回サポーターズ・カンファレンス」の議事録をクラブ公式ページに公開しました。それによると、まず壇上に立ったのは新しく社長に就任した仙田信吾氏で、クラブの歴史や広島での位置づけについて見解を述べて、「2020年のサンフレッチェには、大いに期待してもらっていいと思います」と述べました。そして時間をかけて説明したのはユニフォームのこと。今年が被爆75周年の節目であること、オリンピックイヤーであること、カープの創立70周年のシーズンになること。そのような機会にナイキからの提案を受けてアウェイユニフォームのデザインを選んだのであって、クラブのアイデンティティーである「紫」をないがしろにしたのではない、と説明しました。また質疑応答で出た疑問に対して、杉原運営本部長がナイキとサンフレッチェとの関係を説明。特に3回目の経営危機が訪れた2012年には「サプライヤーがナイキさんではなかったら、あのときの中心選手を当時の財力では、何人かは手放さなければならなかったと思いますし、そうなっていれば初優勝もなかったかもしれません」とまで言っています。絶対に譲れない、と言うファーストユニフォームの紫への思いは大事にしつつも、いろいろなことを検討した結果がセカンドユニフォームのデザインになったと言うことを丁寧に説明して、サポーターの理解を求めました。
 それ以外の点ですが、まず「チーム強化と編成について」と言うテーマを足立強化部長が説明。守備から入った2018年、攻撃を積み上げた2019年を経てよりアグレッシブなディフェンスとリスクを恐れず攻撃するチームを実現するために、またメンバーが大幅に若返った2019年の流れを引き継ぐことを目標に契約を進めてきた、と述べました。そして、渡、吉野、稲垣が移籍したものの他の選手をキープして昨年のベースを残すことができたこと、エゼキエウ、浅野らを獲得して「スピード」と言う要素を加えることができたこと、それによって現在の守備のベースを高めながら得点力を上げて行けば、「おのずと一番良い景色が見えてくるのではないかと思って」いる、と語りました。
 テーマ3は「新スタジアム建設について」で、スタジアム総合戦略推進室長の信江雅美氏が昨年3月以来の動きを紹介。どのようなサッカースタジアムを実現しようとしているかと言う点について、ビジョンとコンセプトについて詳細に説明しました。またテーマ4「イベント・チケット販売などについて」では、顧客戦略部長の澳和明氏が2019年シーズンの観客数が減少した原因を述べるとともに、今季の集客アップのための告知戦略とチケット戦略とともに、スタジアムグルメの充実や熱中症対策、地域貢献、公共交通機関の利用促進やホスピタリティについて説明しました。そして運営部長の山西博文氏が「試合運営について」と言うテーマで、交通アクセスと試合運営、そしてエディオンスタジアム広島の改修について現状と予定の報告をしました。そして最後は2回目の質疑応答で、アクセスや試合当日のイベント、アンセム、新スタジアム、チケットなど、様々な疑問点について回答がありました。
 J1の中では中規模の予算で、ホームスタジアムは臨場感に乏しくアクセスも悪い、と言う状況ながら、若手を育成しつつ上位争いを展開できているのは、監督や選手だけでなく経営陣も頑張っているからだと言うのは間違いないところ。物議を醸した「アウェイユニフォーム問題」も決して何かに流されたとかではなく、クラブのために何が重要かを熟慮した上での判断だ、と私は信じます。

|

2020/02/13

藤井の特別指定選手承認

プレスリリースによると、立命館大学所属の藤井智也選手がJFA・Jリーグ特別指定選手として認められ、今季の公式戦への出場が可能になりました。藤井は宮崎キャンプに参加して長崎戦、FCソウル戦、岡山戦に出場し、スピードを生かしたプレーで評価を高めたとのこと。中国新聞によるとU-23代表候補にも名を連ねる松本泰や東は「存在感を発揮しきれなかった」らしく、「永井や櫛引は連係が合わない場面が多く、フィットするまで時間がかかりそう」だとのことなので、開幕からのベンチ入りもありそうです。

|

2020/02/12

G大阪戦と神戸戦のアウェイ応援ツアー

第4節G大阪戦と第7節神戸戦のアウェイ応援ツアーの募集が始まっています。まず3/14(土)に行われるG大阪戦は、広島ヘリポートを8時30分、広島駅新幹線口を9時に出発し、間所IC、小谷SA、福山SA経由でパナソニックスタジアム吹田に到着。試合終了後に帰途について、福山SAには9時半頃、広島駅には10時ごろ戻ってくるスケジュールとなっています。料金はビジター自由席の入場券付きで大人19,800円、小中学生17,800円。サンフレッチェクラブとちゅーピーくらぶ会員は1,000円引き、チケットをお持ちの方は、大人2,500円、小中学生1,000円引きとなります。〆切は3/6(金)。お申し込み、お問い合わせはひろでん中国新聞旅行のページからどうぞ。
 一方4/3(金)に行われる神戸戦は広島ヘリポートを11時、広島駅新幹線口を11時30分に出発して、間所IC、小谷SA、福山SA経由で和田神社に到着。バスをそこに停めて徒歩10分でスタジアムに行って神戸戦を観戦して、広島駅に3時、広島ヘリポートに3時30分に戻ってくるスケジュールとなっています。料金はビジターシート入場券が付いて大人21,000円、小中学生18,500円。こちらもサンフレッチェクラブとちゅーピーくらぶ会員は1,000円引きで、チケットをお持ちの方は大人3,500円、小中学生1,500円引きとなります。〆切は3/27(金)。お申し込み、お問い合わせはひろでん中国新聞旅行のページからどうぞ。

|

2020/02/10

岡山との練習試合

宮崎キャンプ最終日の昨日は岡山と45分×4本の練習試合を行い、主力組がプレーした1本目と2本目は2-1で逆転勝ち。また控え組の3本目と4本目は3-0で勝ちました。モバイルサイトによると1試合目のメンバーは、GK:大迫、DF:野上、荒木、佐々木、MF:ハイネル(→浅野36分)、青山、川辺、柏(→藤井74分)、FW:ドウグラス・ヴィエイラ、レアンドロ・ペレイラ、森島。先制点は前半13分で、DFラインの裏へのパスでイ・ヨンジェが飛び出してクロス。これは川辺がカットしたものの三村の足下に流れ、左足で巻くように放ったシュートがゴールネットを揺らしました。それに対して広島は23分のドウグラス・ヴィエイラのヘッドや31分のレアンドロ・ペレイラのボレー等でチャンスを作ったとのこと。後半も5分のレアンドロ・ペレイラや6分の川辺、12分の柏などチャンスを作ります。そして後半28分、森島のCKを野上が逸らすとハイネルが押し込んで同点に追いつき、続いて35分には荒木が倒されて広島にPKが与えられると、これをハイネルが決めて逆転に成功してそのまま勝ちました。
 2試合目のメンバーはGK:林(→増田HT)、DF:櫛引(→東野70分)、井林、清水、MF:茶島(→浅野61分)、柴崎(→松本泰61分)、土肥(→松本大61分)、藤井(→エゼキエウ61分)、FW:野津田(→東70分)、永井(→土肥70分)、浅野(→鮎川HT)。前半30分に井林の縦パスを野津田が強烈なミドルを決めて先制すると、後半32分にはエゼキエウのドリブルから東が決めて追加点を奪います。そして後半42分にはCKから浅野が決めて試合を締めました。
 試合後に城福監督は、まずは簡単にクリアせずに繋ごうとするところで奪われ決められた、と言うところから「やりたいことに対してリスクをどう背負って行くのか、そのバランスを見直す必要がある」と課題を挙げました。ただその後辛抱してやり続けたことは評価。粘り強くハードワークをやり続けたことの重要性が確認できた、と語りました。そして2試合目については「彼らの多くは長崎戦で負けているメンバー。なので...絶対に勝つんだと言う強い姿勢で臨んでくれた」と評価しました。

サンフレッチェ広島公式サイト

|

«高橋がスウェーデン2部のウメオに加入